恐れを克服した瞬間

  25, 2013 13:46
今朝、私の思い違いかも知れないのですが、ちょっと怖い思いをしました。

いつものようにベランダで宇宙船を観測していると、見かけない男女数名が近くの道路で何かの調査をしている光景が目に入ってきました。でも、どう見ても行動が不審なのです。そして、私の車の方向をデジカメ?か何かで撮影していました。

いよいよ来たか。
さすがに覚悟はしていたとは言え、やっぱり現実味を帯びてくると、怖くないと言えば嘘になります。

これ以上書くのはやめますが、見た瞬間、異様な雰囲気だというのがわかりました。
しばらくの間は、怖くて足が震え、心臓もバクバクしていました。

でも、少し気持ちが落ち着いたところで、またベランダに出ると、さっきとは違う場所にまた集まって何か打ち合わせの様な事をしていました。

その時に、ふと頭に浮かんだ事がありました。

何かの動画で見た光景、

闇は光が足りないだけの状態なのだと。

だったら、光を送ればいいんだ。

そう思って、その人達にそっと光を送るイメージをしてみました。
ひとり一人に向かって、光を送り、そして語りかけました。

闇の中にいないで本当の自分を思い出して・・・。

すると、不思議な事に、さっきまでの不安や恐怖が消えていたのです。

そして、空には宇宙船が・・・。

またいつものように、そして何事もなかったように、宇宙船の撮影に夢中になっている自分がいました。

その時に、何かがつかめたような気がしたのです。

先日紹介させていただいた動画で、ジョージ・カヴァシラスさんが言っていました。

みんな本当は、一人一人が宇宙であり創造主であり、とてつもない力を秘めた存在なのだと。
ただそれを思い出すのを妨害されているから、記憶喪失のように忘れているだけなのだと。

闇は、光の中では存在できないのです。
だから、闇と闘うだけではなく、闇に光を送る事を考えればいいのだと、この時、理屈ではなく魂でわかったような気がしました。

宇宙で一番強力なもの、それは、闇ではなく光なのです。

光は闇を消すことができるけれど、闇が光を消すことはできない。
仮にこの肉体としての光を消すことはできても、魂が消滅するわけではなく、その事でむしろ、三次元の制約を受けることなく、本来の力を発揮できる様になるのではないかとも思います。

だから、もう恐れる必要なんてない。
本当の自分に戻るだけなのだから。

それに、最近妙に体が重いし疲れます。
そろそろ退化するだけの三次元の肉体が重荷になってきたのかも知れませんね。

関連記事

6 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/04/25 (Thu) 21:16 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/04/25 (Thu) 22:23 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/04/25 (Thu) 22:26 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/04/27 (Sat) 23:26 | REPLY |   

アケノ  

ほんとに、そんな事があったのですか・・・・
でも、今、この時ですから
避けて通れない事だったのでしょうね、

起きることは、防げなくても
それによって、自分がどうなるか、というのはまた
別の事だと思います。

自分は守られてるという確信さえあれば、目には見えなくても
何か、バリアーみたいなモノが確かに自分を覆っているものです。

恐怖は、そのバリアーの事を忘れた時に感じるものでは、

光のマントを、いつもまとっていることを忘れないで、(^.^)

2013/04/28 (Sun) 03:13 | REPLY |   

momonga  

Re

アケノさんへ。

> でも、今、この時ですから
> 避けて通れない事だったのでしょうね、

こうして自分が体験することで、今まで闇に隠れていた部分がどんどん見えてくる様になりました。
それにも何かの意味があるのかも知れませんね。
私だけでなく、世界中でとても多くの人が苦しんでいますから、こんな事はもう終わらせなければならないと思います。

常に光のマントを身にまとい、自分は守られていると信じて、闇が消えてなくなる事にできるだけ集中したいと思います。

とっても勇気をいただきました。
ありがとうございます。o(_ _)o

2013/04/28 (Sun) 11:57 | REPLY |   

Post a comment

What's New