自分の『立ち位置』

  14, 2013 12:25
まだ開設して日の浅い、このブログの中で、原発や政治などに関する自分の拙い思いを書いてきたのですが、これからは、今一番私の心を捕らえて離さないUFO(宇宙船)を中心に、投稿をしていこうと思っています。

今まで自分の仕事や生活に追われ、それほど真剣に、経済や社会、国際情勢について考えてこなかった、モロB層の私の様な人間が発する情報なんて、それほど価値があるものでもなく、また、素晴らしい情報収集力や分析力、洞察力、発信力をお持ちのブロガーさんがたくさんいらっしゃる中、私ごときの素人の出る幕でもないと思っています。

ネットの中には、本当に有益な情報を発信されている方がたくさんいらっしゃる事に驚きながらも、また、非常に有り難くも思っています。

餅は餅屋という例えがいいのかどうかわかりませんが、社会問題などについては、その様な才能に長けた方々にお任せするとして、では私には一体何が発信できるだろうと考えた時、答えは決まっていました。

やっぱりこれだけ毎日のように、いろんな宇宙船が飛んできてくれて、撮影もさせてくれているのですから、それをできるだけ多くの方に見て頂く事なのではないだろうか、と。

今私が、(おこがましい言い方になってしまうのですが)私だからお伝えする事のできる情報を発信していく事が、私なりの『立ち位置』だと思ったわけです。

ちょっと、オーバーな書き方になってしまいましたが、要するに、

私は宇宙船が好きで好きで仕方がないのです!
ただ、宇宙船を見て、撮影できるだけで幸せなんです!
宇宙船を発見した時の私は、まるで小学生の様に、人目もはばからず、一目散に撮影できそうなポイントに走って行ってビデオカメラを回す。
撮影した映像を確認する時の、あのわくわくする瞬間が楽しくて仕方ないのです。
空や雲や山を眺めているだけで、地球って素晴らしいな~、と感動しちゃうんです。

(だからこそ、それを平気で破壊する人たちへの嫌悪感が強いのですが)

と、書き始めたら止まらないので、この辺でやめておきます。

多分、UFOとか宇宙船とか宇宙人とかを信じてない方が読んだら、この人だいじょうぶ?って思うだろう思います。間違いなく。
実際、自分の周りにいる人に話しても理解してもらえるどころか、ついに頭がおかしくなった!と思われてます。
そのうちきっと、「精神科に行け」とか、「入院しろ」とか言われると思います。

でも、例えごく少数の方であっても、私の映像を見てくださった方に、
「あれ?」「もしかして?」って思ってもらえるかもしれません。

だって、こんな不思議な『飛行機』が、実際に私たちの上空を飛んでいるのですから。


今後は、撮影秘話やエピソードなども交えながら映像をご紹介していきたいと思います。
な~んて、ちょっと格好つけて言ってみたのですが、要は、私の失敗談とか、いかにドジを踏んでいるかというお話です。

なにせ、絶好すぎるチャンスを逃しまくる!の連続ですから。(爆)


実は、この様な思いを固める事ができたのは、ある方からのメールがきっかけとなっています。
下は、その方から「私の考えていた事とリンクしているのでは?」と、教えていただいたブログの記事です。

それぞれの役割(天下泰平さんのブログ)

この記事を読んで私は、えらく感銘を受けました。
この記事の中の一文を引用させて頂きます。

新しい時代を切り拓くためには、それぞれの人々の「役割の違い」をしっかりと認識した上で行動することが重要であると思います。
(引用終了)

今、私にできる事で、私が担える「役割」とは、宇宙船の映像を公開して、少しでも多くの人に見てもらう事だと確信したのです。
この記事に照らし合わせると、私の場合は「アイデアを生み出す役割=0から1を生み出す人」にあたるのかなと思います。
人をリードしたりプロデュースしたり、ビジネスセンスはほぼゼロですから!(爆)
なので、私の時間とエネルギーの多くは、「宇宙船」に集中しようと。

こうして、私は迷いがふっきれたのです。

実際このメールをいただくまで私は、迷い続けていました。

誰も見ないかもしれない映像を撮り続けて、編集して、公開して、一体何の意味があるのだろう。
ただの自己満足?
「そうしなければいけない様な気がする」と感じるのは、単なる「思い込み」か「思い過ごし」でしかないのかな?
きっと、馬鹿馬鹿しいと思われるのが関の山。
もっと「現実の世界」に適応した、賢明な生き方をしなさいと言われることもわかっている。

けれど、今の世の中を信じ切って、目に見えるものだけを信用して、何事もなかったように、今まで通り自分の生活だけを考えて生きる事は、もう私にはできない。
それが「地に足がついた生き方」なのだと言われようとも。

そもそも、今私たちが目にしている、そして見えていると信じ込んでいるこの世界が、果たして本当の世界なのだろうか?

もしそれが洗脳や錯覚、隠蔽、あるいは無知や未解明によって、単に「現実だと思っているだけ」だとしたら、いくら「堅実な生き方」をしたとしても、それは所詮、砂に書いた一生のようなもの。
風が吹けば消えてしまう、波が打ち寄せれば消えてしまう儚いもののために、あくせくして、自分の精神をすり減らして、足の引っ張り合いをして、奪い合って、戦い合って、そんな生き方をしたところで、何が残るのだろう。

私たちの魂は、そんな経験をする為に、この地球に生まれることを選んだのだろうか?

あ、またまた考えが迷走してしまいました。

いずれにしても、自分の気持ちを再確認できたところで、これからは、自分の「役割」を意識しながら、自分にできる事をやっていこうと思っています。
メールを下さった方に、この場をお借りしてお礼を申し上げたいと思います。
本当にありがとうございます。


と、きれいにまとまったところで(まとまってないかも)、終わりにすればいいものを、最後に一言。

あまりにも理不尽だ、ふざけてる!と思う事については、また毒を吐くかもしれません!
やっぱり、時には発散しないと体調不良になりそうですから。

とりあえず、ぼちぼち動画を投稿していきますので、もし良かったら見ていただけるとうれしいです。

関連記事

4 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/02/14 (Thu) 18:52 | REPLY |   

momonga  

非公開コメントを下さった方へ

コメントありがとうございます。
とても嬉しく拝見させて頂きました。
UFOの投稿が中心になると思いますが、また例の口調?でねちねちと(笑)書くこともあると思います。
これからもよろしくおねがいします。

2013/02/14 (Thu) 20:21 | REPLY |   

ねこ  

こんばんわ。
私もUFO見ましたよ、2年くらい前に。
子供の時に、山の上にポッカリ浮かんだオレンジの物体。あとになってから
「あれは未確認飛行物体だったんだ」と思うようになり、大人になってからずーーっと見なかったけど、2年前の夕方のウォーキング中にふと空を見上げたら、白くて丸い楕円刑のものが浮かんでました。
「あっ 見っーけた!」とニッコリしたら、
「あらーばれちゃった?」という感じで
その場で一瞬に消えました。
飛行機じゃないです、飛行船でもない。だって
浮かんだまま消えたもの。
momongaさんのUFO飛行機の写真とかとても楽しく見せて頂いています。
これからもいろんな視点でのブログ、期待dしています。さて、夜のウォーキングに行ってきます。星に紛れて、UFOもいるかもね。

2013/02/14 (Thu) 20:32 | REPLY |   

momonga  

Re: うらやましいです

ねこさん。
コメントありがとうございます。
浮かんだまま消えた楕円形のUFOですかっ!
うらやましい。私も見たかったです。
せっかくなので、動画編集ソフトを変えてみようと思い、今奮闘していますので(笑)もうしばらくお待ち下さいませ。
夜は結構闇に紛れて飛んでますよ。
私も少し運動しないと、やばい。

2013/02/14 (Thu) 22:33 | REPLY |   

Post a comment

What's New