2月9日のマスコミ

  09, 2013 13:12
本日の「サタデーずばッと!」

【射撃用レーダーの照射部隊行動基準は?】

武器使用の手順について
・口答で警告
・武器を備える
・上空などに威嚇照射
・正当防衛、緊急避難のための射撃
というフリップを使って解説。

みの氏
これを聞いた時にわたくしは、「どうでしょうか?」って言ったら、これを解説してくれた方、
「ええ、先に撃たれて死んでるよ」っていう風に言われた。

みなみアナ
困った(焦った)表情。

私)
やっぱり先に撃たれて自衛隊員が死んだら困るから、今の基準ではだめだと言いたいんだな。

小野寺防衛相
上のフリップを指して、「ここに出ている基準というんですか、これは基本的に内規なので(外に出ている情報ではないので)、具体的にはわかりませんが」

私)
防衛大臣が知らない規定で自衛隊が判断し行動するのってどうなんだろう?
ちょっと怖い。

石破氏のVTR
一説にはもうそれは反撃しても良いのだ、それは国際法でも・・・

(この番組を誤って終了してしまったので、ここまでしか正確な事は書けません。くっ。なので以下は、記憶にある範囲で。)

私)
やっぱり、石破さんらしい強気(好戦的)な発言だなぁ。

小野寺防衛相・みの氏
お互いに命がかっているんだから、身の安全を確保できるようにしないといけない。


私)
自衛隊員の命も大事だけれど、そこでどちらかが攻撃したら、相手も攻撃してくるのは必至。
それを外交で解決できればいいけれど、果たして外交だけで穏便に解決できるものだろうか。
お互いが、『国家安全保障』の名の下に、戦争に突入する事も十分に考えられる。
そこにアメリカが加わり、大3次世界大戦に突入ということになったら、今の兵器の性能から言えば、地球が吹っ飛ぶかもしれないじゃないか。


小池百合子先生が、以前テレビでおっしゃっていました。
「こういう話をすると、すぐ『軍国主義』だと言う、思考停止した人達がいる。」

左様ですか。
確かに私は思考停止してるかもしれません。
でも、少なくともテレビで政治家が言う事を鵜呑みにする人よりは、自分の足りない頭で、必至にあれやこれや考えている分、思考しているんじゃなかと思ってます。
あ、また何か企んでいるな ってね。


次は「ウェークアップ!」

中国大気汚染問題について

植草さんの記事に対抗してか、史上最悪レベルを強調してました。

以下放送内容の一部)
北京にある日本大使館で今月6日、今週大気汚染に対する対処法についての講習会が開かれ、その中で、岡崎雄太1等書記官は
「今我々は動物実験の様な状況にあって、大気汚染を浴びて、これからどういう病気が出てくるか心配」
と話していました。

驚くべき事に、中国のニュースサイトでは
「大気汚染は中国に工場進出して来た日系企業に責任がある」
との評論まで飛び出している。(辛坊、岩田:呆れて冷笑する)

私)
確かに言いがかりとも言える部分もあるけれど、中国の工場を利用して製品を作らせてきた日本も全くの無関係ではないでしょ?それに、ただ呆れてるだけじゃ何も解決はしないと思いますよ。
馬鹿な事を言うなよって顔したり、首を振ってましたけど、そうやって足蹴にするだけじゃなくて、本当に日本として反省する部分はなかったのか、そして、誤解があるなら、外交によって、どういう風に誤解を解いていかなければならないのかを真面目に考えるのが本来の政治でしょ?そしてメディアでしょ?
そういう、他国を小馬鹿にするしぐさって、テレビに出る人としてどうなのかな?
そういうところを特に子供って真似するんですよね。
それにしても、動物実験って。。。


あと、暖房の石炭使用量が増えた事が、今回の大気汚染を引き起こした大きな要因だとしきりに強調しているのは、おそらく

石炭は大気を汚染するから、もっと電気に移行しないといけない。そうすると電力が足りなくなるから、中国にもどんどん原発をつくらなければならない。

という事を言っているんだなと、勝手に?気付いてしまったのでした。

続きはまた後で書くかもしれません。

関連記事

0 Comments

Post a comment

What's New