最近のエデンメディアは非常に興味深い内容のものが多いのですが、少し前に話題になった「この地球に山や森は存在しない」シリーズ、私もしっかりと見ていなかったので、個人的な防備録も兼ねて、ご紹介したいと思います。

本ブログを閲覧される上でのご注意

また、「この地球に山や森は存在しない」かわりに、「この地球に巨人は存在している」という、興味深い動画もありましたので、再生リストを作成しました。興味のある方は、是非、これらの動画をご覧になってください。(どちらも再生リストになっています)






これらの動画をしっかり見てから、また感想を書き加えたいと思います。


こちらは単独の動画です。
スーパーヒューマンと超能力のお話


私に貼り付いているストーカー達は、何らかの超能力を持った者達の様な気がします。しかも邪悪な存在の力を借りている方の・・・。



彼らはなぜいつもカメラの前に現れるのか、本当に不思議。というより不気味。

超能力をいい事に使うのは大いに結構な話ですが、悪い事に使うのは本当に勘弁して欲しいし、おそらくそれは自分自身に返る事でしょう。

邪悪なものとは、悪魔(堕天使とかサタンとかルシファーと呼ばれている様な悪しき存在?)や悪霊の類でしょうから、それらのパワーを借りる代わりに、自分がそれらに使役される事になるのではないかと思います。それらに食事(人間のエネルギー)を与える為に使役させられる。だからバケモノの様なものを運搬しているのでしょう。おぞましい限りです。

話が逸れましたが、「この地球に山や森は存在せず巨人は存在している」というのは、とても興味をそそられる内容です。

フリーメーソンが仕組んだ壮大な嘘と洗脳。それらの刷り込み機関であるテレビや教育から得た「常識」を疑う事から、少しずつ洗脳を解除していく事が必要だと思います。

人間が猿から進化したなら、なぜ今猿がいるのか?

この痛快で明快な一言で十分なのに、それさえも疑う事無く、疑問に感じる事もなく、教科書で教えられた事祖そのまま信じて来た事に、今更ながら驚いてしまいます。ただ、ガチガチに洗脳された頭の固い人は「そんな馬鹿な」と一笑に付し、相手にもしないのは容易に想像できます。まさにフリーメーソンの思う壺なのですが、中にはそれが正しいと知っていて、「そんな馬鹿な話を本気にするなんてどうかしている、頭がおかしい」とミスリードする手先達が大量に飼われていて、ネットにも大量に放流されていますので、注意が必要です。

何が正しいのか間違っているのか、最終的な判断は個々人が下すしかないのですが、一度、それまでの信念体系を全て破壊して、「そんな馬鹿な」という話も受け入れられる様な、柔軟な心でいた方が、真相に近づけるのではないかと思います。

「そんな馬鹿な」「そんなはずはないだろう」「それ、デマだからw」「下らない都市伝説」と否定して、そうした事を口にする人達を馬鹿にして悦に入っている人もいますが、ただ単に、思考停止しているだけではないでしょうか。ご自分は現実的に物事を見極めていると自負されている様な人もいますが、決して現実的に現実を見ている人ではないと、私の目には映ります。

さて、これらの動画を見てどの様に思われるでしょうか。

関連記事

What's New